ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009
ucl1009

アンティーク 目覚まし時計 フランス JAZ社 初期モデル

ucl1009
在庫状態 : 売り切れ
¥30,000 ¥30,000(税別)
只今お取扱い出来ません
  • 商品詳細

フランスで買い付けたフランスJAZ社のアンティーク目覚まし時計。
コレクターにも人気の、フランスJAZ社で1910年~1940年に作られた最初期の作品です。
映画「アメリ」にJAZ社の目覚まし時計が登場したことでも有名です。
時計盤にJAZのロゴが刻まれています。

初期(1910年~1940年)に作られたものは希少で、 探してもなかなかみつからないレアアイテムです。

 

時計メーカーJAZは1910年パリで生まれ、これまで様々なデザインの時計を世に送り出してきました。
コレクターにも人気が高いJAZ社の時計、そのトレードマークといえばあの小鳥です。
この小鳥マークが生まれたのは1941年ですが,その背景には複雑な事情がありました。

”JAZ”というブランド名は,英語のJAZZ BANDから来ているのですが,それが第二次世界大戦中に問題となりました。
当時,ナチスドイツの占領下にあったフランスで,アメリカ発祥のジャズに由来するブランド名は許されず,
長年親しまれてきたJAZというブランド名が使えなくなってしまったのです。
そこで,”JAZ”という名前を出さずに,JAZの時計だと分かるようにする必要がありました。
その時に考案されたのが,この小鳥です。
この小鳥は「キレンジャク」というスズメ科の鳥です。
この鳥が選ばれたのは,キレンジャクのフランス語名が”Jaseur de Bohème”(ジャズー・ド・ボエム)だからです。
そうして戦時中,この小さな鳥がJAZというブランド名の代わりを務めたのでした。
その名残としてJAZの時計には,小鳥のマークが付くようになったのです。
こちらの時計は小鳥のマークが生まれる前の※最初期(1910~1940年)の作品のため、”JAZ”の文字のみが刻まれています。

※JAZ社の時計は鳥のマークで作られた年代がわかります。

1910~1940年 JAZの文字のみで鳥のマークがないもの

1941~1967年 鳥のしっぽが下向き

1967~1975 鳥のしっぽが上向き

 

ゼンマイ式の時計はゼンマイのトルクが動力源となっています。ゼンマイは大抵、二日間前後の動力を保てるつくりになっていますが、ゼンマイがほどけるほど(トルクが弱くなるほど)巻ききったトルクの強い状態に比べて、動力の安定性が弱まってしまいます。こちらの時計はゼンマイ式ですので、トルクが弱まり始める前に、一日一回、ゼンマイを巻き上げて調節をしていただくことをお勧めします。

また、昔のように毎日時計のゼンマイを巻くことで時計への愛情もより深まることと思います。

また、ゼンマイを巻く時に時間を調節されることもお勧めします。一般的にアンティーク時計の日差は一日に±5~10分程と言われています。時間の調節の間隔が短いほど誤差は小さく出来ますので、できれば一日一度は微調整をしてあげて下さい。

 

飾っておくだけで絵になりますので、ディスプレイにもお勧めのアイテムです。
状態は非常に良く、目覚まし時計として立派にお使いになれます。

 

 

サイズ: W5.8cm H6.8cm D4.9cm

売り切れました。