アンティーク グラモフォン ポータブル蓄音機 HMV モデル101(uaa1006)

  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機
  • アンティーク グラモフォン 蓄音機

フランスで仕入れた、1927年のアンティークのフランス製グラモフォンです。ポータブル蓄音機の傑作、HMVモデル101になります。サウンドボックスはHMV No.4です。

グラモフォンとは簡単に言いますと、ポータブル・レコードプレーヤーのことです。

現代のデジタル・レコードプレーヤーでは、どうしても発音できない音域の周波数があります。

それが、アナログのレコードプレーヤーならその音域を表現できるのです。

アナログの音色にどこか魅力を感じるのは、そういう音域に魅かれているのかもしれませんね。

 

グラモフォンはピクニックなど、野外でも音楽が楽しめるように作られたもので、後には軍用としても使われるようにもなりました。

持ち運ぶために小型化・軽量化され、アウトドア での使用にも耐えられるようにとても丈夫に作られています。

 

状態はこれ以上ないほど良く、今でも普通にハンドルを回してレコードを聞く事が出来ます。回転数の調節も可能です。

ポータブルだけに、いろんなパーツが上手く収まるように工夫が凝らされていおり、とても機能的なアンティーク蓄音機となっています。

実際に聞いてみると驚くほどの音の大きさと美しさで、アナログであるとはとても信じられません。

 

ちなみに、HMVのトレードマークである蓄音機に耳を傾ける犬について。

この犬は1884年イギリス生まれの、ニッパーという名前の実在した犬です。

飼い主は病死してしまったのですが、蓄音機に残った彼の声を聞いている姿があの絵なのです。

「His Master’s Voice(彼の飼い主の声)」、略して「HMV」となったのでした。

 

 

状態は非常に良く、末永く愛用していただける逸品です。ディスプレイにもオススメのアイテムです。

サイズ:W41.5cm H29.5cm D14.4cm

※売り切れました。

定価(税別)
¥60,000
販売価格(税別)
¥60,000
在庫状態
売切れ
売切れ
 

»アンティーク家具トップページへ

»アンティーク雑貨トップページへ

»アンティーク撮影スタジオページへ

»撮影小物小道具レンタルページへ

»店舗情報はこちら アンティークショップunikk(ユニック) | 東京都渋谷区

更新履歴

2017年11月12日
アンティーク ウェイト 錘(uoo1559)
2017年11月12日
アンティーク ウェイト 錘(uoo1560)
2017年11月12日
アンティーク 十字架 キリスト(uoo1561)
2017年11月12日
アンティーク 十字架 キリスト(uoo1562)
2017年11月12日
アンティーク 額縁 オーバルフレーム(uof1197)